☆キャッシュフローゲーム キャッシュフローゲーム カード 詳細

キャッシュフローゲーム101のカードOppotunity『Big Deals』

更新日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ここでは、Big Dealsのカードを種類別にご紹介していきます。

Big Dealsの中の資産から得られる
CF(キャッシュフロー)は平均で$1,000~最大$11,000まで!
まさに金持ち父さんへの登竜門です!

Big Dealsではより良い資産をコツコツ積み上げていくことで
「金持ち父さん」へ近付く事ができます。

ただし、Big Dealsだから全部買えばいいやと思ったら油断禁物!
「良い資産だと思って買ったけど、負債だった・・・」
なんていう事態を避ける為にもより良い資産の選ぶ力、
「ファイナンシャルインテリジェンス」を磨いていきましょう。

【Big Dealsでのポイント】
・売却益目的 or 不労所得目的か、出口戦略を考えて買う
・残り時間を考えて資産の売買、資金繰りをする
・市場(Market)の流れをみる
・周りのプレイヤーの状況もみる
・銀行ローンを戦略的に使う

このような点を意識してプレイすべきでしょう。
何故ならば、Big Dealsを引き始めた時には
ゲームのプレイ時間も経過しており、
職業によっては(特に医師など総支出の大きい職業などは)
金持ち父さんになるという目的から逆算すると
タイミングによっては、買うべきでない資産も出てくる為、
一つ一つの取引きの重要度が増してくるからです。

当会では手元に$10,000を無いと
Big Dealsを引くことができない
というローカルルールを設けております。
(Big Dealsの資産は頭金は最小で$6,000からとなっています)

それでは、カードをご紹介していきます。

【有形資産その①】
不動産(3Br/2Ba、集合住宅、マンション)


・3Br/2Baは3ベッドルーム/2バスルームの略でファミリー向け物件。
キャッシュフローゲームはアメリカのゲームなのでこういった表記になっております。
・集合住宅はアパートのような集合世帯物件の不動産。
・マンションは戸数に応じてそれぞれ規模が異なります。
大型マンション(60戸)はゲームの中で頭金が一番高く、CFが一番大きな資産。
買うのが一番難しいカードですが、手に出来れば
ほとんどのプレイヤーが金持ち父さんになれるというカードです!

【有形資産その②】
ビジネス・リミテッドパートナー・不動産・土地


・ピザのフランチャイズはゲームの中で2番目にCFが大きな資産。
・ビジネスはCFが高いものが多い。
・20エーカーの土地は流動性が低い為、投機的な位置付けです。

上記でご紹介したBig Dealsで出てくる資産を
資産の価格やCF、利回り(ROI)や市場の流動性などを踏まえ、
評価をしてみると下記のようになります。

【有形資産】
不動産・ビジネス・リミテッドパートナー・土地

~評価の解説~
全体的におススメ度は高めです。
前述の【Big Dealsでのポイント】でもお伝えしたように、
出口戦略や市場を見て、主体的に買うということが特に重要です。

 

ここまでのご説明でBig DealsではSmall Dealsとは違い、
ファイナンシャルインテリジェンスがより必要とされるリアルなステージ
である事がお分かり頂けましたでしょうか?
キャッシュフローゲームは、回数が浅いうちは上手くゲームをプレイしていくことは難しいです。
回数を重ねていくことでお金の動かし方をよりリアルに疑似体験する事が出来るでしょう。

今回はBig Dealsのカードについてご紹介しました。

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-☆キャッシュフローゲーム, キャッシュフローゲーム カード 詳細

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.