FX

決済時のトレードルール

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

あけましておめでとうございます。FXerです。

新年1つ目は決済時のトレードルールについて解説したいと思います。

トレードルールって?

トレードルールとはトレードを行う際に使うルールです。

例えば、移動平均線がこうなって、RSIがこうなったときにこう。というような具合です。

トレーダーなら誰もが持っている物で絶対のものはありません。

随時更新し、ファンダメンタルズ分析などとあわせて用います。

よくある誤解

トレードルールについてよくある誤解がトレードルールとはエントリーポイントを見極めるもの。という誤解です。

トレードルールは、もう1つ。利確や損切りのポイントである、エグジットポイントを見極めるもの。という側面もあります。

これは攻防一体です。

前者は攻撃戦、後者は防御戦の戦術です。

攻撃ばかりに特化して防御はガタガタでは相場では勝てません。

損切り注文はエグジットポイントの見極めができるのか?

エグジットポイントを見極める場合に利確、損切りを~pipsというルールでも悪くはないのですが、静的過ぎます。

これは逆にエントリーポイントを考えるトレードルールを静的なルールにしてみれば分かるかと思います。

エントリーポイントを見るときに一切のトレンド系指標、オシレータ系指標を無視し、ドルが○○円になったら買いというルールを実施してみてください。

たぶん、負けるでしょう。

私も昔のトレードルールなどでやっていたことなのですが、エントリーするときはこれこれこう。利益確定は50pips、損切りは30pips。

というルールを採用していました。

しかし、これでは相場の変化には一切対応できません。

エントリーポイントを見極めるのと同様に、エグジットポイントを見極める用のトレードルールを考えてみてください。

こう書くと損切り注文が不要かのように思うかもしれませんが、そんなことはありません。

エグジットポイントのトレードルールと損切り注文は2つ常に使用するものです。

ちなみに私は、RSIを見て売られすぎ、買われすぎを見ながらポジションを閉じる指標にしています。

まとめ

トレードルールのもう1つの側面が分かりましたでしょうか?

大事なのは以下です。

・トレードルールにはエントリーポイントを見極めるルールとエグジットポイントを見極めるルールを建ててこそ有効に働くこと。

・エグジットポイントを見極めるトレードルールと一緒に常に損切りの注文も入れておくこと。

これができればトレーダーとしてレベルアップするでしょう。

それでは~

ノシ

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.