FX

簡単なトレードルール

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。今回は簡単なトレードルールについて解説したいと思います。

トレードルールとは

トレードルールとは、トレードを行うときのルールのことです。

まんまですね。

つまり、どこでエントリーして、どこで損切りして、どこで利益確定するのか。を明確にしておくものです。

もちろん市場の状況によって常に更新していかなければならないもので、今日使えたものが明日使えないということは結構あります。

トレードルールの作り方

さて、前回前々回で移動平均線とRSIを紹介しました。

移動平均線はゴールデンクロスで買い。デッドクロスで売りでした。

RSIは30%以下で買い。70%以上で売りでした。

以上の2つを用いてトレードルールを作ります。

要は、移動平均線で買い(売り)のサインかつ、RSIで買い(売り)のサインが出たときに買い(売り)。ということをすればいいだけです。

(移動平均線は何でもいいです。)

以下に示します。

簡単なトレードルール

・移動平均線のゴールデンクロスかつ、RSIが30%以下のときに買い。

・移動平均線のデッドクロスかつ、RSIが30%以下のときに売り。

・買いポジション保有のときRSIが70%以上で利食い。30%以下で損切り

・売りポジション保有のときRSIが30%以下で利食い。70%以上で損切り

このようにしてトレードルールを作ります。

ただし、上記のトレードルールは現実的ではありません。

なぜなら、利食いや損切りをするときの注文は指値や逆指値を使うのですがこの注文は通貨のレートしか参照しないのです。RSIの値は参照しません。

従って、上記のルールは実際に行うためには常にチャートを監視しなければなりません。

ここで、解っていただきたいのはトレードルールの作り方です。

ポイントは以下です。

・トレンド系指標の買いサイン(売りサイン)とオシレータ系指標の買いサイン(売りサイン)が出たらエントリーをする。

・利食い、損切りのポイントを決めておく。(なるべく機械的に)

特に、利食いと損切りのポイントは絶対に決めてください。そして機械的であれば、あるほど良いです。

次回は、トレンド系指標のボリンジャーバンドについて解説します。

それでは~ノシ

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.