FX

FXのトレード手法

更新日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。

今回はFXのトレード手法について解説していきたいと思います。

FXのトレード手法は調べれば、調べただけ出てきますが、今回は時間軸に注目してトレードを分類したいと思います。

時間軸でのFXのトレード手法は大きく分けて4つです。

1.スキャルピング

2.デイトレード

3.スイングトレード

4.長期保有

それぞれのトレードはポジションの保有期間が異なるだけです。

上記のトレード手法について以下の表にまとめます。

トレード手法 保有期間 メリット デメリット
スキャルピング 1分~数時間 利益がすぐに確定できる。 チャートに張り付いていなければならない。
デイトレード 数時間~1日 利益を大きくしやすい スワップポイントがあまり見込めない
スイングトレード 1日~数ヶ月 利益を大きくしやすい 損失が大きくなりやすい
長期投資 数ヶ月~数年 スワップポイントで安定的な収益を見込める。 多額の証拠金が必要

スキャルピングは最も保有期間が短いトレード手法です。

利益がすぐに確定できるのがメリットですが、チャートに張り付いていなければならないので、ストレスは大きいですし機械的に損切りできないと失敗するので、初心者にはオススメしません。

デイトレードは最長1日のトレード手法です。

基本的に短期の流れをつかんでトレードする手法になります。

ただし、1日しかポジションを保有しないのでスワップポイントなどは期待できません。ただし、利益はスキャルピングよりも大きくなります。

スイングトレードは1日~数ヶ月ポジションを保有するトレードです。

1日以上保有しているので、スワップポイントによる利益と値上がりによる利益両方を狙うことができます。

ただし、損失が出た場合デイトレードより損失が大きくなる傾向にあります。

長期投資は主にスワップポイントを狙って行う手法です。この手法はスワップポイントを主に狙うので、値上がり益はほとんど期待しません。安定的に稼げる手法です。

しかし、それにはポジションの値下がりに耐えるだけの証拠金が必要です。FXに使用できるお金が少ない場合はできません。

ご自分のトレードしやすいトレード手法を見つけることが一番です。それぞれのトレードのメリットデメリットをよく理解された上でトレードされることをオススメいたします。

ただし、どのトレードでも市場のトレンドを分析する力は必要となります。

次回は市場の分析方法を紹介いたします。

 

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , , , , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.