FX オシレータ系

ストキャスティクス

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。今回はストキャスティクスについて解説したいと思います。

ストキャスティクス

まずはチャートをご覧ください。

ローソクチャートの下に表示されているのが、ストキャスティクスです。(トレンド系指標にはボリンジャーバンドを表示しています。)

考え方はRSIと同様にチャートの変動幅は一定の幅に収まるという考え方です。

使い方

見方はRSIと移動平均線のゴールデンクロス、デッドクロスをあわせたような見方です。

図の赤いラインを%K、青いラインを%Dといいます。

以下の表にまとめます。

買い時 %Dが20%以下のときに%Kが%Dを上抜ける。
売り時 %Dが80%以上のときに%Kが%Dを下抜ける。 

ストキャスティクスの特徴は、RSIなどと比べ敏感なため0や100などの値をつけやすいので注意が必要です。

敏感さのメリットとしては相場が動く前に動きを予測しやすいこと、デメリットはちょっとした動きですぐに反応してしまうので、ダマシが多いということです。

まとめ

ストキャスティクスの基本が解っていただけたでしょうか?

ストキャスティクスは敏感なのでかなりダマシが多いです。使う場合はその欠点をカバーしてくれるトレンド系指標やオシレータ系指標などと組み合わせると良いでしょう。

次回はトレンド系指標から、パラボリックについて解説します。

それでは~ノシ

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX, オシレータ系
-, , , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.