FX オシレータ系

MACD

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。今回はMACDについて解説したいと思います。

MACD

まずはチャートをご覧ください。

図のローソクの下に表示されている赤い線と青い線のグラフがMACDです。

MACDはMoving Average Convergence Divergenceの略で、日本語では移動平均収束発散法といいます。

見方

MACDはトレンド系指標とオシレータ系指標の両方の特徴を持っています。

MACDは二本の期間の異なる指数平滑移動平均線の差に注目するものです。

図の赤いラインをMACDライン青いラインをシグナルラインと呼びます。

MACDラインがシグナルラインを上に抜けるときをゴールデンクロス。買いサイン。

MACDラインがシグナルラインを下に抜けるときをデッドクロス。売りサイン。

となります。

基本的にはこれだけです。

MACDはトレンドの把握という点でかなり優れているので見やすく、ファンも多いです。

ファンの多い指標というのは信憑性があります。

鶏と卵

卵が先か、鶏が先かという議論が古今東西存在しますが、FXの指標もこの例に漏れません。

MACDはファンの多い指標だといいました。

これは、多くの人がMACDを参考に売買をしているのでMACDで買いサインが出たときには買いが出やすいということです。(MACDに限ったことではありませんが)

結果、MACDの買いサインが出たときに上がるので信憑性が上がります。

従って、その使用者は信憑性が高いのでさらに使用し続ける(ファンが増える)。そして、MACDの買いサインが出たときには上がる....

この関係は以下の図のようになります。

このような流れがあるので、FXで用いる指標は皆が使っているものを組み合わせて使うのが無難です。

あまり、人気のないような指標を使うのは面白いかもしれませんが、あまりお勧めはしません。

まとめ

MACDの基本が解っていただけましたか?

MACDは人気の高い指標ですのでかなり信憑性はあります。

しかしながら、指標の性で必ずこれ単体ではダマシが多いので役に立ちません。

よくあるのが、ゴールデンクロス下と思ったらすぐにデッドクロスという流れです。(逆もしかり)

よって、トレンド系指標と組み合わせるのが吉です。

次回は私の一番好きなトレンド形指標である一目均衡表について解説いたします。

それでは~ノシ

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX, オシレータ系
-, , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.