FX

FXの指標

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。今回はチャートで用いる指標についてについて解説したいと思います。

トレンド系とオシレータ系

トレードで用いるチャートには、ローソク足のほかにいくつかの線が引いてあるのが普通です。

以下の図をご覧ください。

これは私の普段見ているチャートです。

普段見慣れていない人からすれば、何が書いてあるかはわからないでしょう。

さて、ローソク足の書かれている枠とその下に枠が2つあるのがわかりますか?

ローソク足の方に書かれている線をトレンド系指標。

その下に書かれているものをオシレータ系指標と呼びます。

なせ、2つあるのかというとそれぞれ役割が異なるからです。

トレンド系

トレンド系指標は、相場の方向感、勢いを見るものです。

そのときの相場が、上昇なのか?下降なのか?横ばいなのかを表します。

考え方としては、相場には必ず方向感がありそれを見やすくチャート上に表示しようというものです。

代表的なものに移動平均線などがあります。

オシレータ系

オシレータ系指標は、相場の過熱感を見るものです。

そのときの相場が、どのくらい加熱気味なのかをあらわします。

考え方としては、相場の変動幅はある程度一定であり1方向に行き過ぎると必ず戻るという考え方です。

代表的なものに相対力指数(RSI)などがあります。

どうすれば?

以上の話を聞いて、どういった状況がエントリーポイントなのかわかりましたか?

要は、トレンド系指標で勢いがあり、かつオシレータ系指標で過熱感が無いときにエントリーすればよいのです。

ただ、簡単そうに聞こえますが、言うは易し行うは難しとはこのことで実際には心理的側面、ダマシなどがありますのでなかなか勝てないのが現状です。

とりあえず、トレンド系指標やオシレータ系指標の見方を知らないと始まらないので次回はトレンド系指標の基本中の基本である移動平均線について解説いたします。

それでは~ノシ

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.