FX

【FX失敗談】FXerの使っていたルール(第四段)

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。今回は私の使っていたルール第四段について解説したいと思います。

ファンダメンタルズって大事。

2018年4月ごろ

私はオプションとFXを使った方法がダメだったので新しい方法を考えました。

前回の方法のはんせいとして、やはりファンダメンタルズを重要視しなければならないという結論に達しました。

しかし、ファンダメンタルズをパターン化するのはなかなか骨が折れます。

その時々の状況により通貨がどのように動くかは分からないからです。

ポンドに絞った方法

私はFXの取引時間に注目し、東京とロンドン市場の間を狙うことにしました。そこでやはりポンドがいいかと思い、そこでトレードをすることにしました。

一般的にロンドン勢は東京で積みあがったポジションと逆のポジションを作って、東京勢の損切りを出させる攻撃を仕掛けてきます。ここに注目しました。

私が考えた方法は以下のものになります。また、使用通貨はポンドがらみのGBPJPY、GBPUSDにしました。

東京時間で上昇ならば売り。下落ならば買いで入る。

損切りは1時間足の一目均衡表の雲の下限と上限より少し離した地点。

また、エントリーのときRSIが売りの場合50を超えていること、買いの場合は50を下回っていること。

多少の利益は出る。ただ…

この方法で利益は出ました。

大体、50000円くらい。

ただ、精神的なプレッシャーが半端無かったです。

ポンドは値動きが激しいので、損切りポイントにかかったらその後反転みたいなことが良くありました。

こうなると「うげげ」という気持ちになります。

結局「あぁ、もっと損切りを上にしとけばよかった」という後悔の念で襲われます。

その後、損切りを上にしたときに限って損失を拡大させてしまうです。まあ良くあるパターンですね。

投資を自動車に例えると

自動車を運転するとき、損害保険に入りますよね。

事故は起こさないように十分に気をつけるけれども、それでも損害保険には入るものです。

投資もこれと一緒です。

損失が出ないように十分に気をつけるけれども、それでも何か保険は必要。

このときの反省はこの1点に尽きます。

保険が無いから、精神的なプレッシャーが発生するのです。

何か損失を出したとしても何かでそれを±0にするような何かが必要です。

それが無理ならば、すべてのパターンを想定しておくことです。

損失が出たらこう、利益がのったらこう、次のトレードはこう。といった具合に。

このような経験によって私は今に至ります。

まだまだ私も勉強中ですが、より良いトレーダーになれるようにがんばります。

次回は何について解説するか考え中です。

それでは~ノシ

no image

未分類

キャッシュフローゲームって何?

FX

オプションについてその3

こんにちは、FXerです。今回はオプションについてその3です。 オプションの基本的な話とオプションとFXを比べてみた話はしたので、今回はオプションのもう1つの使い方を解説します。 目次プレミアムはどう ...

FX

オプションについてその2

こんにちは、FXerです。今回はオプションについてその2です。 オプションの基本的な話は前回解説しました。 今回はオプションとFXを比べてみようと思います。 目次オプションのメリットオプションのデメリ ...

FX

オプションについて

こんにちは、FXerです。今回はオプションについて解説したいと思います。 なぜ、FXでオプションのことを解説するのかというとオプションというのは本来リスクヘッジの方法の1つとしての側面があるので、知識 ...

FX

トレード記録のつけ方

こんにちは、FXerです。 今回はトレード記録のつけ方について解説します。 目次何のために記録するのか何を記録するのかまとめ 何のために記録するのか トレードを記録する理由は、トレードを振り返りそこか ...

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.