FX

FXのリスク

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは。FXerです。

本日はFXのリスクの側面である、ロスカット、証拠金維持率について説明いたします。

本日は以下の3つの言葉を覚えていきましょう。

最低証拠金

有効証拠金

証拠金維持率(有効比率ともいう)

ロスカット

結論から言いますと、証拠金維持率は有効証拠金÷最低証拠金でこれが一定額を下回るとロスカットされます。

最低証拠金

最低証拠金については以下の記事で説明しております。

 http://dentanu.com/fx-leverage

簡単におさらいすると、最低証拠金はFXを取引する上でこのくらいは用意してください。というお金です。

有効証拠金

有効証拠金とは、FX口座に入っているお金のことです。FX口座に入っているお金というのは含み利益、含み損益も計算に入れます。(含み利益、含み損益というのはFXでは例えばドルを買って、売らなければその利益、損益は確定されません。確定する前の利益、損益を含み利益、含み損益といいます。)

つまり、有効証拠金=FX口座のお金+含み利益-含み損益です。

証拠金維持率(有効比率)

証拠金維持率とは、有効証拠金と最低証拠金の比率です。単位は%なので計算で100をかけます。

証拠金維持率=有効証拠金÷最低証拠金=(FX口座のお金+含み利益-含み損益)×100÷最低証拠金です。

ロスカット

ロスカットというのは、証拠金維持率がある一定値(だいたい50%)を下回ったときに保有しているドル、ユーロなどを強制的に決済し損益を確定させるシステムです。(後の説明で使用いたしますので、保有しているドル、ユーロなどをポジションといいますので覚えておいてください。)

以上のことを図で表すと以下のようになります。

図のバー全体が有効証拠金、赤い部分が最低証拠金で証拠金維持率は()×100÷になります。この値が50%を下回るとロスカットが発動されて、保有ポジションを強制決済されます。

少し、計算してみましょう。保有ポジションが無く、含み損、含み益がない状態でFX口座に入っているお金が5万円、1ドル100円のとき、ドルの買いポジションを1Lot(1万通貨)持つとき、ドルの最低証拠金が4万円なので証拠金維持率は以下の式になります。

証拠金維持率=有効証拠金÷最低証拠金=50000×100÷40000=125%

さて、ここからFXのリスクを実感していただきます。

もし、1ドル100円から1ドル98円になったとします。このとき、ドルの最低証拠金はレートによって変動はしませんので、4万円のままです。

このとき、1ドルが2円下がったので、含み損益は-2×10000=-20000円

となります。

そして、このとき有効証拠金は

有効証拠金=FX口座に入っているお金+含み利益-含み損益=50000+0-20000=30000円

となります。

従って

証拠金維持率=有効証拠金÷最低証拠金=30000×100÷40000=75%

となります。

1ドルが2円下がったときに、証拠金維持率がどのくらい低下するか、わかっていただけましたか?

さらに1ドルが97円に下がったときには

含み損は-3×10000=-30000円

従って、証拠金維持率は

証拠金維持率=有効証拠金÷最低証拠金=50000-30000×100÷40000=50%

となるので、ロスカットで強制決済され、あなたに2万円損失が発生します。

つまり、FXで取引するにはそれなりのお金をFX口座に入れる必要があります。ドルの場合4万円で取引できますが、それではすぐにロスカットされてしまうというわけで、

結論としては、FX取引を始める上でのお金は少なくてすみますが、それではすぐにロスカットされてしまい、あまり意味がないということです。

では、ポジションを持った場合、我々はロスカットまで待たなければならないのでしょうか?

そんなことはありません。次回はFXの注文方法についてお話いたします。

それでは~ノシ

 

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.