FX

FX~市場の分析方法

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。

今回はFXに置ける市場分析方法について解説したいと思います。

FX(というかマーケット)における市場分析方法は大きく分けて2つ

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析です。

それでは、それぞれ解説していきましょう。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は”ニュースを見て”為替を予測する方法です。

利上げしたから、通貨が上がる。

政治問題で混乱しているから、下がる。

物価が上がっているから、上がる。

などです。

注意点は為替を動かす要素は様々あり、それが複雑に絡み合いながら決定されるということです。

長期のトレンドをつかむためには必要ですが、短期のトレードではテクニカル分析のほうが重要視されます。

ただし、ある経済指標を契機に相場のトレンドが反転する場合もあるので注意が必要です。

テクニカル分析

テクニカル分析は”チャートを見て”為替を予測する方法です。

チャートがこの形だから、上がる。

直近の高値を超えたから、上がる。

この指標がXXだから下がる

などです。

注意点はテクニカル分析には”ダマシ”と呼ばれる、チャートのセオリーに反すること、ままあるという点です。

テクニカル分析は短期のトレードで主に使用されます。

しかし、短期の相場というのは一時のみその方向に動いただけで長い目で見れば逆だった。というのは良くありますので、注意が必要です。

今回も今までの話を表にまとめておきます。

  分析方法 メリット デメリット
ファンダメンタルズ分析 ニュースや経済指標などを見て分析する。 トレンドをつかめれば大きな利益になる。

小刻みな動きにはついていけない。

指標は無数にあるため、すべてチェックするのは物理的に不可能

テクニカル分析 チャートを見て分析する。 市場の心理を読み解き、目先の動きを把握できる。

経済状況の変化によるトレンド転換をつかめない。

ダマシがある。

どっちが重要?

では、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析はどちらが重要なのでしょうか?

結論から言うと、どちらも重要です。

長期的な流れに逆らっては損失が大きくなりますし、短期的なポイントを見ずにエントリーしても勝てません。

FXのトレードでは、ファンダメンタルズ分析で長期的な流れを確認し、テクニカル分析でエントリーポイントを決めることが多いようです。

どちらの分析手法もとても重要ですので、よく理解して使いこなせるようにしましょう。

次回はチャートの基本である、ローソク足チャートの見方について解説いたします。

テクニカル分析の基礎となるお話です。どうぞご覧ください。

それでは~ノシ

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.