FX

FXの基本~ローソク足の見方

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。

今回はチャートの基本である、ローソク足の見方についてまとめてみました。

下図のようなチャートを見たことがある方は、多いのではないでしょうか?

このようなチャートをローソクチャートといいます。

ちなみに、チャートはローソクチャート、バーチャート、ラインチャートなどがありますが、一般的に使われるのはローソクチャートです。

ローソクチャートの一本一本を足といい、一定期間の価格の始値、終値、高値、安値を一本の足であらわします。

値上がりのときは陽線(図の赤)、値下がりのときは陰線(図の青)です。

見方は下図のようになります。

注意点は、陽線と陰線で始値、終値が逆になるところです。

値上がりのときは始値<終値になりますので、四角の下が始値、上が終値になります。

値下がりのときは始値>終値になりますので、四角の上が始値、下が終値になります。

上のチャートの図で、足一本辺りの時間は一日です。

ローソク足の一本辺りの期間をどれくらいにするかで長期の流れ、短期の流れを見ることができます。

一定の期間というのに特に制限や約束事はなく、何秒でも何分でもよいのですが一般的には、1分~1ヶ月位の期間が多いようです。

ローソク足の各部分にも名前があります。

名前は下図のようになります。

これらの各部分の名称については後の説明で使用するので、しっかりと覚えておいてください。

どう使い分ける?

先に説明した、FXの取引手法(http://dentanu.com/fx-trademethod)において、スキャルピングから長期投資まで様々な期間があることを説明いたしました。

取引手法によって見るべきチャートは異なります。これが正解というものはありません。

しかしながら、どの取引手法でも複数のチャートを見ておくことをお勧めいたします。

1つのチャートのみですとそのチャートだけに、たまたま現れたいわゆるダマシかもしれませんので、必ずその1つ上の時間軸、下の時間軸を確認しトレードすることをオススメします。

次回はこのローソク足の5つの基本形を見ていくことにします。

それでは~ノシ

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , , , , , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.