FX トレンド系

ボリンジャーバンド

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。今回はボリンジャーバンドについて解説したいと思います。

ボリンジャーバンド

まずは、チャートをご覧ください。

ボリンジャーバンドは上記のようなもので、チャート上に表示するトレンド系指標です。

移動平均線を中心として標準偏差の±1σ、±2σ、±3σの線を引いたものです。

考え方としては、相場の変動は一定の幅の中に収まるという考え方です。

標準偏差とは平均線からどのくらいバラつきがあるかを示す数値です。それぞれの偏差のなかにどのくらいの確率で収まるかを以下の表をご覧ください。

±1σ 68%の確率でその間に収まる
±2σ 95%の確率でその間に収まる
±3σ 99%の確率でその間に収まる

ただし、”計算上は”という但し書きが付きます。

図では黒い線が20時間移動平均線でその1つ下が-1σ、1つ上が+1σです。以下同様に2σ、3σと続きます。

使い方

使い方としては、+も-も2σから3σのところに来たときに逆張りをするという使い方です。

つまり、+2σだったら売り、-2σだったら買いです。

ただし、そこに触れてもそのまま上げ続けたり、下げ続けたりすることはあるので、注意が必要です。

スクイーズとエクスパンション

スクイーズは、図の赤丸で囲んだようなところです。

ボリンジャーバンドの幅が狭まっているのが解るかと思います。

このような時は、値段の変動が少ないときです。

その後に来るのがエクスパンションで、大きく上か下かに動きます。

これを利用して、スクイーズのときに±2σ~3σの間のどこかに逆指値注文を2つセットしておくのが効果的です。

こうすることによりエクスパンションが発生したときにその方向に対して順張りでエントリーすることができます。

また、これら2つの動きとは別にバンドウォークという動きもあります。

これは、レートがボリンジャーバンドの上(または下)に張り付いた状態で、格好の順張りサインです。エクスパンションの後に表れることが多いです。

まとめ

ボリンジャーバンドの基本的なことが解っていただけましたでしょうか?

ボリンジャーバンドはそれ単体でなく、他のオシレータ系指標と組み合わせると効果的です。

次回はオシレータ系指標のひとつストキャスティクスについて解説します。

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX, トレンド系
-, , , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.