FX

FXのアノマリーって知っていますか?

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。今回はFXのアノマリーについて解説したいと思います。

アノマリー

アノマリーといわれてピンと来る方は少ないのではないでしょうか?

アノマリーとは、1年の各月の傾向のようなものです。

例えば、3月くらいになると企業決算が近いので輸出企業が海外での売り上げを日本円に変える為に需要が高まる。などのものです。

それぞれ特徴があるので見ていきましょう。

1月

1月はクリスマス明けの月です。1月はクリスマス明けからの欧米勢の投機的な動きで値動きが激しい傾向があります。日本の正月ボケを狙ってきます。

2月

日本のレパトリエーション(海外の資金を本国に還流する動き)の時期です。企業決算に備えているのです。ドル売り円買いによる圧力が高まります。

3月

日本の企業決算の時期です。日本は貿易黒字国なので輸出企業の決算発表に備えドル売り円買いの圧力があります。2月から継続です。

4月

新年度の開始時期なので、企業などが様子を見る時期です。。相場はあまり動きません。企業はその年の戦略を考えている時期です。静観するのが良いと思います

5月

欧米ではゴールデンウィークは無く、日本にゴールデンウィークがあることを欧米は知っています。ゴールデンウィーク明けの休暇を欧米勢が狙い撃ちにしてきます。

6月

欧米企業の決算発表です。従ってそれまでのポジションが反対売買され、流れが変わりやすいです。

ドル買い円売り。

7月

アメリカの独立記念日を意識してポジションを解消する動きが出やすい。

8月

欧米、日本双方とも夏季休暇の時期になる。市場参加者が少なくなるので薄商いの夏枯れ相場になります。

9月に向けた仕掛け的な動きもある模様です。

9月

レイバーデイ(アメリカの休日)を過ぎたあたりから欧米勢がトレンドを形成します。直後から動くときと少し間をおいて動く場合があります。このあたりから中期のトレンドが形成されます。

10月

9月のトレンドが維持される傾向です。欧米系ファンドの11月末日の決算を控え、その45日前までにファンドの解約を通知する45日ルールによりファンド勢が手仕舞う傾向。10月15日までにトレンドの転換がある可能性があります。

11月

11月の第四木曜日の感謝祭を節目に手仕舞いのムードが漂い始めます。

12月

12月の冬の休暇シーズンに入り、方向感を失った相場になりやすいです。

まとめ

いかがでしょうか?

1年がどのような感じで為替市場が動くのか解っていただけましたか?

もちろん、このアノマリーという話はあくまでそういう傾向がある。

というだけの話で何か突発的な出来事やそのときの相場の雰囲気で簡単にひっくり返ってしまうので注意が必要です。

ただ、それでも知っているのと知らないのでは相場に対する意識が違いますので、是非何回か覚えるまでがんばってください。

次回はわたしの使っているルールについて解説しようと思います。

それでは~ノシ

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.