FX

円安と円高

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

こんにちは、FXerです。今回は円安、円高について解説したいと思います。

円安と円高

ニュースを見ていると円安、円高という言葉を良く聞きます。

FXをやる上では、円安要因と円高要因は知っていて損は無いので、しっかりと抑えておきましょう。

基本的な考え方は円安とは、円の価値が下がること。

円高とは円の価値が上がることです。

言い換えると、円の価値が上がるということは外貨の価値が下がるということ。

円の価値が下がるということは外貨の価値が上がることです。

つまり、ドルならば1ドル100円から110円になったとするとこれは円安です。(逆なら円高)

例えば、1ドル100円だとすると1台1万ドルの車があったとするとアメリカでは1万ドル=100万円です。つまり、1台車が売れると100万円の儲けです。

しかし、1ドル110円になったとすると1万ドル=110万円なので、1台車が売れると110万円の儲けです。

従って、輸出企業は円安の方が儲けが出ます。輸入起業の場合は円高の方が儲けが出るのです。

以上が教科書的な説明です。

あまり語られない話

実は、この話には続きがあります。

日本の輸出企業が円安ならば儲けが出やすいのはわかったと思います。

しかし、1点見逃されている点があります。

例えば、輸出企業がアメリカで円安により儲けが出たとします。このとき、その会社には1万ドルの儲けがあるわけです。

ここで重要なのは、1万ドルは1万ドルだということです。

何を言いたいかというと、儲けがドルのままでは社員の給料やボーナスや設備投資、国内投資家への配当などに使えませんから、当然ドルを円に交換するのです。

この時、ドルを円に交換しますから、ドル売り円買いのフローが発生します。

つまり、のみで考えれば円安分は輸出企業の儲けで相殺されてしまいます。

輸入企業に関しても、国内輸入企業が存在するということは海外輸出企業が存在するということですから逆のことが起きます。

実は、為替市場のうち実需の大きさは、1割くらいで残り9割はFXトレーダーのような投機筋です。

ならば、実需の流れは無視してよいかというとそんなことはなく投機筋が実需の流れを予測しながら資金を動かすので実際はコントロールは実需にあります。

しかし、上記のように円安円高などは上記のとおり企業の実需のフローで相殺されますので大きな流れはその国の経済状況や相場の話題などで左右されます。

 

円安、円高から少し話題が外れてしまいましたが基本的なことがわかっていただけましたか?

次回は、FXで最も大切な話題「損切りの時」です。過去にも書きましたが、この話は何度話しても足りないくらい重要なのでもう一度書きます。

それでは~ノシ

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.