FX

はらみ足

投稿日:

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

 

こんにちは、FXerです。今回はローソク足の見方として、2つのローソク足の組合せで最も基本的なはらみ足について書きたいと思います。

はらみ足

はらみ足とは、あるローソク足が前のローソク足の高値と安値の間に納まっているパターンです。

言葉で書くとわかりにくいですが、図を見ればわかると思うので、以下に図を示します。

陰の陽はらみ足

大陰線の出現後、終値より高く寄り付き傭船となったが前の高値を越えなかったパターン。売りの出尽くしの場合もあるが、次の足型しだいでさらに下落もある。

陰の陰はらみ足

大陰線の出現後その終値より高く寄り付いたが、下落したパターン。下落の勢いがなくなってきたことを示し、反転上昇の兆し。

陽の陽はらみ足

大陽線が出現しその終値よりも低く、寄り付いたがその後上昇したが前の高値を越えない形。高値圏では上昇のパワーの衰えを示す。下落の兆し。

陽の陰はらみ足

大陽線の次に低く寄り付き陰線となって引けたが、前の始値を下回らず引けた形。買い疲れを示し、下落しやすいが次の足型が陽線なら、上昇もありうる。

実は、はらみ足には簡単な見方があります。

以下の図を見て下さい。

この図を見てみると、陰の陽はらみ、陽の陰はらみの2つは下影陰線と上影陽線になっていることがわかります。従ってこの2つはそれぞれ上昇と下落です。

陽の陽はらみ、陰の陰はらみはどちらも陽のコマ、陰のコマになります。従ってこの2つは上昇、下落のパターンもあります。

http://dentanu.com/ローソク足のパターン~小陽線

http://dentanu.com/ローソク足のパターン~小陰線

ここで、考えた上記の図の考え方はローソクが3本でも4本でも同じように考えることができます。

つまり、何本かのローソクの始値、終値、高値、安値を使ってローソクを1本に束ねることができます。

この考え方ができれば、ローソク足から流れを読み取れるかと思います。

さて、ここまでローソク足の見方を書いてきましたが次回からはファンダメンタルズ分析の基本となる、通貨の性質について書いていきたいと思います。第一回は米ドルです。

それでは~ノシ

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

-FX
-, , , , , , ,

Copyright© 東京・横浜キャッシュフローゲーム会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.